■プロフィール

ひさこ

Author:ひさこ
フルタイムで働く母です。

子どもたちの実体験を大切にした、
日々の家庭学習・遊びの取組みを
つづっていきます。

■最新記事
■☆ランキングに参加しています☆
■私が使っているポイントサイト

こちらのサイトを経由して、楽天、DHC、ベルメゾン、ディノスなどでお買いものをすると、1%~のポイントがたまります♪ 決済時につかったクレジットカードのポイントも別個に貯まるので、ポイント2度取り。私の場合、貯まったポイントは、アマゾンポイントに交換して、子どもの絵本、日用品、自分へのご褒美など・・けちけちせず(汗)好きなように使ってます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

■☆我が家のちゃぶ台☆

サイズや材質、足の形をオーダーして作っていただいたちゃぶ台。子供たちが勉強したり、遊んだり、お茶を飲んだり、多機能です。少々お高かったですが、我が家の他の家具の材質と同じものにしたので、違和感なく溶け込んで、手触りや質感も気に入ってます。

■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

両親が高学歴なのに、子どもが学力不振。
日経DUALに連載されている、ワークライフバランスコンサルタントの武部さんのコラムを読みました。

ご自身のお子様二人(お嬢様と、10歳下のお坊ちゃま)の子育てでご経験された、挫折、失敗、修正、やり直しなどを包み隠さず謙虚に振り返られて、ワーキンマザー(特に小学校入学が近い将来のこととして、視野に入りつつある年中・年長児のママ!)たちに向けて、渾身のメッセージを発せられています。

わたくしは読んだ直後、うーん深い!!とその場で考えこんでしまいました。

年長から小学校低学年頃までに、しっかりと手をかけ、目をかけ、基礎学力の定着と「やる気」「自尊心」のような気持ちを育ててあげれば、中学生以降、子どもは自然と親の手を離れていく・・・と。そのクリティカルな期間に、仕事に忙殺されてしまうと、後になっても、子どもに学業・精神面色々な問題が出てきてしまって、非常に大変だというようなことを書かれています。



↓こちらのコラムも、まさにわたくしがリアルに感じている「両親が高学歴なのに、子どもが学力不振」という課題感に重なるところがあり、大きくうなずきながら拝読しました。

コンサルタントとして私は、両親が高学歴にもかかわらず学力不振の子どもを抱えるワーキングマザーを数多く見てきたからです。私は長年こうしたケースについて問題意識を持ってきましたが、仕事と子育てを両立させることを応援する風潮の中、ともすればブレーキになりかねないこうした報道は見たことがありませんでした。掲載されていた3つのケースを、私の経験を交えて紹介します。

親が高学歴であるがゆえの問題は、子どもが偏差値55を取ろうもんなら「はぁ?ママは塾で最上位クラスにしかいたことなかったわよ!」「ママは偏差値70台の超進校だったのに」という目で子どもを見てしまい(言ってしまい。言外に伝わってしまい。)、子どもの自己効用感をさらに奪ってしまうことです(涙)

教育ホラー的な実例も紹介されていますが、無料コンテンツだとは思えないほど、ぐっと深い渾身コラムです。

未就学児ママにおすすめいたします。






☆この間、偶然手に取った国語ドリル☆
 「朝5分ドリル」が終わったので、新しいドリルを探していました。こちらのドリルも学研さんが出してます。「朝5分ドリル」よりも文章が長く、読み応えがありつつ、テーマ別の良文が収録されているので、思わずシリーズ買いしました。読解ドリルを説きながら、ことわざや科学も学べる内容。問題は、それほどヒネリはなく、素直に読めばわかる内容で、我が家の男児向き。気に入りました!
我が家の経済感覚からいうと、小1-2は通信教育はお高いので、親が良質な市販ドリルを買い与えて、取り組めば十分だと思ってます。その子の習熟度に合わせてテキストを選べるので、無駄がありません。






☆スマホで簡単操作できるフリマサイト メルカリ☆
 先日、遅ればせながらデビューしました。即決価格・送料込みが多く、送付先・振込先のやりとりなく、商品が出品・購入できるので便利です。ヤフオクよりもお安いものも多くて、びっくり。初利用する際に、招待コードをいれると、その場で300円オフになります!
☆ 招待コード WMXRWF ☆

☆お勧めのポイントサイト☆
DHC、ベルメゾン、JTBトラベル、fit fit・・・普段使っている通販サイトを、こちらのポイントサイト経由でお買い物をすると、ポイントが貯まります♪ 貯まったポイントはアマゾンポイントに交換して、使ってます。(アマゾンポイントは、交換率が3%上乗せされますので、さらにお得感があります。)いまでは貴重なわたくしのお小遣いになってます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


☆いつも読んで下さって、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
スポンサーサイト


小学校入学 | 06:06:04 | コメント(6)
コメント
いつもありがとうございます。
我が家は高学歴ではないですが、大変興味深く読みました。
ひさこさんはDUALの有料会員になられてますか?わたしはなってないのですが。
あと、質問ばかりで申し訳ございません。東京だとかなりたくさんのワーキングマザー向けの自己啓発セミナーがありますが、ひさこさんは参加されたことありますか。
関西でもたまにあって、参加できる時は、してるのですが。
最近は休日出勤もあったりで家族で過ごす時間も大事だと思うので悩んでます。ひさこさんが講師だったら行きたいです。
2017-03-12 日 16:47:02 | URL | まひまひ [編集]
まひまひさま

> ひさこさんはDUALの有料会員になられてますか?わたしはなってないのですが。

私も無料会員です。

この間、Dual主催のマネーセミナーに参加したのですが、本を数冊読めば分かるような一般的な内容でした。一般人向けのセミナーは、やはり書籍やビジネス雑誌を読んだ方が、時間当たりの情報量が多く、効率的だと感じました💦 お子さんが小さいうちは、ご無理なさることもないと思います。が、無料セミナーなのに、素敵な軽食やノベルティーをいただけたりして、よい気分転換になるものもありますので、トータルでみて有意義なものもあります(^^)
2017-03-13 月 18:53:37 | URL | ひさこ [編集]
はじめまして
はじめまして、前のブログ時代からの愛読者です。ひさこさんより少し上の働く母で、未就学児の女の子が一人おります。

このDUALの記事、私もだいぶ前に読んで非常に心に残っています。
というのも、私自身、当時珍しかった高学歴の外資キャリアウーマンの母に育てられたのですが、
育休・時短・在宅勤務などない時代のことで、かなりの教育投資はしてもらったものの、絶対的に「手をかけ、目をかける」時間が不足していて、
仕事では出世して成功したわりに、子供のデキとしてはいまひとつ(もちろん私自身の努力不足が一番の原因なんですが)に仕上がった当事者の一人だからです・・

四谷大塚にも通いましたが、ほとんど遊びにいってたような状態で、
成績が振るわないとなると、中受の経験のない東大生を家庭教師につけたり、とか。合不合では合格可能性が非常に低いと出たにもかかわらず、母自身の出身校(難関)を受けさせられ、結果はもちろん不合格で、その発表の帰りに一言も話してくれなくて、その時はじめて、なんだかとても悪いことをしてしまったと胸が苦しくなったのを覚えています。30年も前の話なんですけど(笑)。
いまだに、親の期待に応えられなかったコンプレックスがありますよ。

そんな私も母ほどではないですが、そこそこの大学を出て、
それなりの仕事をするようになり、
子供に恵まれ、教育・子供とのかかわりについて、模索の日々です。
やはり、お金だけでは解決できないことも多いですよね・・

これからも更新を楽しみにしています。
2017-03-14 火 13:29:48 | URL | MMK [編集]
MMK さま

コメントありがとうございます。
私は仕事にせよ子育てにせよ、一定以上の質を担保するにはある程度の量が必要だと思ってます。私の実母もフルタイムで働いていて、随分寂しい思いをしたので、「子どもと過ごす時間は量より質」「親はなくとも子は育つ」という論調には、手放しに共感できません。

子育てを通して、実母からえられなかったものを子どもに惜しげなく与えることができますから、MMKさんも愛情深く、偏差値だけに片寄らず、お嬢様をお育てになれる方なのだなと思ってます✨
2017-03-14 火 17:34:47 | URL | ひさこ [編集]
反省・・・
ひさこさん

いつも読ませていただいています。ありがとうございます。

低学年のうちにしっかり見てあげることが重要とのこと、我が身を振り返り深く反省しました。

上の中学受験が終わって、ふと下の子を冷静に見たら、「児童館任せになっていた〜!』、『くもんまかせになっていた〜!」、「スポーツ教室まかせになっていた〜!』と目が覚めました。今小2ですが、手遅れではないと信じて、もっと目をかけてをかけてあげたいと思いました。

開眼させてもらった記事に感謝です!

ひさこさん、次男さんへはご長男と違った接し方(教育、しつけ他)をされていますか?なにか意識した方針があれば教えていただきたいと思いまして、コメントを書かせていただきました。



2017-03-16 木 06:12:47 | URL | さくら [編集]
中学受験お疲れ様でした!
受験生を抱えていると、家庭内のリソースがそちらに集中するのは仕方ないと思います。

我が家が子どもたちの接し方で気を付けているのは、兄弟を比べないことです。お兄ちゃんも素晴らしいけど、弟も素晴らし い!と毎日大げさに言い聞かせてます💦
下の子は、トータルでみて手抜きしてますが、上の子の真似をしてくれて助かる面もありますよね。 
2017-03-16 木 08:48:48 | URL | ひさこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad